私設年金を活用した効率的な資産運用のノウハウ

電卓

資産の運用とリスク

電卓

資産運用においては、預金商品などの元本保証の商品の割合を多くするほど安全性は高くなります。しかし大きな利益は見込めません。逆に元本保証の割合を減らせば、大きな利益を狙えます。その代わり安全性は低くなります。大切なことは、自分に最適な割合にすることです。

安全で便利な取引のために

不動産

仮想通貨の取引は、取引所を利用する工夫によってさらに楽にできます。リアルマネーとのトレードや複数の仮想通貨の一元管理などを実現してくれます。取引所を選ぶ時には、豆知識として手数料がそれぞれの取引所で異なっている点や、利便性の違いなどを見極めて決めるのが理想的です。

年金としての不動産投資

老後に不安を抱えているという方は数多くいます。私設年金で安心を得ることができます。行政に頼らない老後はこちらから!

特徴のある経営方法として注目を高めています。インベスター・ネットワークス株式会社はこちら。社長による信念についてこちらで知っておこう。

公的年金だけでは不安

会議

本格的な高齢化社会の到来を迎え、近年その必要性が大きくクローズアップされているのが私設年金です。 私設年金はまたの名を私的年金といい、厚生年金や国民年金などの公的年金が国に運営を一任しているのに対し、個人が自らの才覚によって確保する老後の生活資金のことを指します。 以前は給与所得者であれば老後の生活は公的年金のみでもまかなえると考えられていましたが、最近ではこのような考え方は説得力を持たなくなってきています。終身雇用制が崩れたことによって厚生年金をずっと積み立て続けられるという保証がなくなりましたし、少子高齢化がさらに進めば給付水準が切り下げられる可能性もあります。しかし公的年金と私設年金を上手に組み合わせれば、不安なく老後を迎えられるようになります。

家賃収入を年金に

私設年金としては保険会社の扱う年金型保険商品や金融機関の積立型貯金などがよく知られていますが、これらと並ぶ存在なのが不動産投資です。現役世代であるうちにマンション等を購入して賃貸に供し、定年までにローンを完済できるような資金計画を立てておけば、リタイア後は家賃収入を事実上の年金収入とすることが可能になります。 賃貸経営は衣食住という人間の暮らしに必須のものを扱うだけに、極めて安定した収入確保の手段として人気があります。しかも物件には資産価値があるため、万が一のときは売却してまとまった現金を得ることもできます。 ただ、何の知識もなく漫然と初めても成功するほど不動産投資は簡単ではありません。確実に収入を得たいのであれば、投資コンサルタント等の経験豊かな専門家のサポートが必要になります。

おおくの人から認識されているキャッシュフローゲームに関する知識を身につけたい人は、こちらの専門業者を利用するといいでしょう。

お得な特典が満載!ゴルフ会員権をゲットしませんか?様々なメリットがあるので、気になる方はこちらを確認してみましょう!

有利な資産運用について

マンション

サラリーマンが効率的に資産運用したいと考えているのであれば、ローンを組んで賃貸経営を行うという方法をおすすめすることができます。この方法であれば、ローン完済後に建物という財産が残る上に、有利な節税対策にもなります。